子どものための矯正治療

子どもの矯正治療は、ただ歯を動かすだけではありません。顎の成長が途中の子供の頃から矯正を始めると、顎の成長をうまくコントロールする事が可能になり、キレイに仕上がる・抜歯する可能性が低くなるなどのメリットがあります。上下の顎の位置がずれることによって起こる受け口などの症状は、乳歯のはえている早い時期からの治療が効果的です。早い時期に矯正を始めると、顎の成長を適切に誘導しながら治療を進めていくことができるので、より永久歯が生えるときに正しい咬み合わせにできる可能性が高くなります。

● 1期治療と2期治療

1期治療と2期治療の違いは?
1期治療は不正咬合の軌道修正、2期治療は完璧な永久歯列のための歯列治療です。

一期治療では、土台となっている骨格の問題を解決して、成長の軌道修正をし、思春期成長期に骨格の問題が大きくならないようにします。 成長終了後、二期治療(歯並びの仕上げ治療)に入っていくのですが、大きな問題が一期治療で取り除かれているので、より簡単に綺麗な歯並びへ仕上げる事ができるのです。こうして2段階の矯正治療を行うことで、抜歯や外科的強制治療の確立が少なくなります。なかには一期治療だけで治療終了となるケースもあります。

1期治療と2期治療

▲ページの先頭へ戻る

お電話でのお問い合わせは、0242-26-0418 簡単診療予約

Web診療予約は初診の患者様のみになります。2回目以降の患者様は直接医院へお電話くださいませ。

歯科タウン